心理的な瑕疵を持つ物件|様々な不動産を取り扱っている会社を選ぼう|素敵な住居を見つける
室内

様々な不動産を取り扱っている会社を選ぼう|素敵な住居を見つける

心理的な瑕疵を持つ物件

女性

どのような内容なのか

事故物件とは売買や賃貸を対象とした家やアパートなどの中でも前の居住者が殺人や自殺で亡くなっていたり、病死をした物件の事でこれらは心理的瑕疵物件と呼ばれます。心理的な瑕疵には人が関係している事が多いですが、他にも暴力団の事務所や嫌悪施設と呼ばれる葬儀場や遊興施設や廃棄物の処理場が近くにあるという事も瑕疵に含まれます。要するにこれを知っていたら購入したり契約はしないだろうと考えられる事柄が心理的な瑕疵です。事故物件を売ったり貸したりする場合にはその内容を必ず伝えなければいけない決まりになっています。東京では事故物件の中でも病死の場合はそうでもないですが、殺人や自殺などは買い手や借り手が付かない事が多いので価格をかなり下げるのが一般的となっています。

告知義務など

東京には人口が多いですから事故物件も相当数ありますが、現在では売買などの際には心理的瑕疵物件と説明が入っていますから知らずに契約することは少ないでしょう。もし告知義務があるのに説明などをしないで購入などをしたら10年以内なら損害賠償請求権があるので、弁護士に相談する事をお勧めします。東京では賃貸の事故物件などは綺麗にリフォームをしていたり、東京都心の良い場所でありながら家賃が安くて敷金礼金などが発生しない物件などもあります。事故などを全く気にしないという人にとっては良い物件であるとも言えます。事故物件は前の事故の後に誰かが入居するとその後は告知義務がないので、家賃交渉なども行う事が可能です。