自宅の競売を防ぐ方法とは|様々な不動産を取り扱っている会社を選ぼう|素敵な住居を見つける
室内

様々な不動産を取り扱っている会社を選ぼう|素敵な住居を見つける

自宅の競売を防ぐ方法とは

つみき

まず弁護士や業者に相談を

住宅ローンが払えなくなった時には、どのようにすればいいのでしょう。このような時は、任意売却をお勧めします。任意売却とは、弁護士または専門の業者に依頼して、家を買い取ってもらうやり方です。弁護士の場合は報酬が発生しますが、専門業者の場合は、売却分から直接報酬を受け取りますので、実質無料でやってもらうことができます。住宅ローンが払えない場合は、競売にかけられることもあります。この競売というのは、落札によって決まるもので、市場価格よりも安く売却されます。また転居のための費用も出ませんし、退去する側が退去日を指定することもできません。しかも関係者が立ち入るため、競売されることが周囲に知られることもあります。しかし任意売却の場合はそのようなことはありません。

住み続けることもできます

任意売却をスムーズに行うには、住宅ローンが払えなくなった時点で、すぐに相談に行くことです。そのまま住宅ローンを滞納すると、すぐに落札が始まって、競売にかけられてしまいます。また、専門業者に依頼する場合は、あまり高額な転居費用を持ちかける業者は避けましょう。転居費用が出るのは任意売却のメリットですが、それでも20万円ほどが相場と考えてください。それから任意売却のもう一つのメリットとして、売却した家にそのまま住み続けるということもできます。もちろん無条件にではありませんが、親の家を子に買い取ってもらうなどして、子に家賃を払うリースバックをすることで、住み続けられるようになります。ただしこの場合は、親子間や親戚同士でのローンを認めてくれる金融機関に頼む必要があります。